無料ネタバレ

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?3話のあらすじ・ネタバレ

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?3話のあらすじとネタバレ

画像タッチ↓無料立ち読み!



1つ前の2話のネタバレ記事を読みたい方はこちら♪

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?2話のあらすじ・ネタバレ女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?2話のあらすじとネタバレ 画像タッチ↓無料立ち読み! ...

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?3話のネタバレ

岡田コウさんの女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?3話のネタバレを紹介していきます♪

キッチンで妹に手をつかせ足を上げて半立ちバックする兄

もう兄は興奮してしまってところ構わず妹のま〇こに入れまくっている。

妹がおにーちゃんふとんいこ

と言うがお構いなしで興奮が冷めやらぬままキッチンで突きまくる兄。

ソファでも妹の身体に覆い被さってヤリまくっている。

お風呂でも妹を身体の上にのせて湯船のお湯を乱しながらやりまくる兄妹。

どんどん減り続けるコンドーム

何度も何度も妹に膣内で射精を繰り返す兄。

一応とばかりにつけているコンドームはどんどん減ってきている。

お風呂から上がってもまだソファで妹にフェラをしてもらっている兄。

兄はこれだけ射精してもまだ妹に欲情しているという現実を認めたくない部分があるのか、フェラは全然よくねえしと言っている。

でもそんなこと言って既に妹のフェラでいきそうになっている兄。

そんな兄が我慢している顔を見て不覚にもときめいてしまった妹。

妹にそんなこと言って妹のフェラでイクんだとちょうはつされて、誰がイクかよと強がって

妹をベッドに押し倒し、寝バックで突きまくる兄。

あまりの兄の激しさにもっと優しくという妹だが兄の激しさは収まるどころが益々激しさを増している。

めっちゃ締まると言いながらそろそろ兄も限界が来ていて射精しそうになっている。

寝バックでそのまま射精している兄の精子がどんどん出ているのがわかる。

ゴムしているのに精子を感じるくらい大量に出ている。

こんながつがツしているのは何だかいつもの兄じゃないみたいで

ゴムしているのにこんなに気持ちイイなんて

これ生で出されたらどうなってしまうんだろうと想像する妹。

そんなあらぶった兄を見て兄も男なんだなぁと感じる妹。

何度も何度も射精してもう一生分やった気がするという兄。

セックスが終わった後もカップルのような痴話げんかをする兄妹

セックスが終わって二人でベッドに添い寝して

腹減ったぁと言うが食べ物は何も無い。

どっちがコンビニに買い物に行くかでちょっとした言い合いになっている。

痴話げんかの流れで兄の足を蹴る妹。

いつまでひっついてんの暑苦しい。

おめぇもこんだけやってなんでそんなに色っぽくねぇんだよと兄も言い返す。

二人はベッドでお互いに背を向けて寝だす。

このままじゃ寝そうだと言う兄。

後片付けしないとお母さん帰ってくるんだからと妹。

母親の帰ってくる時間を意識して次はいつなんだろうなーと言う兄。

はっはー次があると思ってるの?

と言う妹。

つづく!

画像タッチ↓無料立ち読み!



女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?3話の感想

確かにこの妹の杏ちゃんは可愛くてやりたくなるのわかります。

身体は小さいんですが、おっぱいはいい感じの大きさで張りもあって魅力的な身体つき。

普段は強気な感じの妹なんですがセックス中に感じる顔はやっぱり女の子を感じずにはいられない色気もあります。

こんな妹と一回やったらもうずっと妹とのセックスから逃れられなくなりそうです。

なんだかんだ言いながらフェラもしっかりしてくれますし優しい妹。

でもずっと兄妹として関わってきたから、今さら女として見ているのが自分でも信じられなくて

どこかこの気持を否定したいと思っている兄。

もちろん妹の杏もお兄ちゃんに欲情しているとは自分では認めたくない。

でもゴム付きでの中出しでもその勢いに自分もイキそうになるくらい気持ちイイ兄とのセックス。

いけない事だとはわかっているけど身体が妹を、兄を求めてしまう。

兄妹じゃなかったら絶対付き合ってたのに…

そんなことをお互い考えているのかもしれませんね。

この兄弟はいったい今後どうしていくんでしょうか?

続きが気になりますね!

画像タッチ↓無料立ち読み!



続きの4話のネタバレ記事を読みたい方はこちら♪

女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?4話のあらすじ・ネタバレ女の子のココロ-とろっとろに感じちゃうセックス…シよ?4話のあらすじとネタバレ 画像タッチ↓無料立ち読み! ...